結婚10周年にもなってくると、どうしてもお互い馴れ合いになってしまうことが多く、誰しも若い頃の新鮮な気持ちというのも薄れてしまいがちです。

ですが、せっかくの結婚10周年、ここは気持ちも新たに結婚10周年をお祝いする気持ちと、自身の10年を振り返ってみるといいのではないでしょうか。

この結婚10周年を振り返った時の気持ちとしては、まず感謝の気持ちがわいてくるでしょうか。

また反省とか、懺悔の気持ちがわいてくるという方も、いるかもしれません。

ですがいずれにしても、感謝も反省も相手にきちんと伝えない事には、その気持ちは伝わりません。

でも気持ちを伝えるとは言っても、なかなか「ありがとう」とか、「ごめんなさい」は伝えづらいものです。

そこでそういった秘めたる思いを結婚10周年のプレゼントとして、相手に贈るというのはいかがでしょうか?

ただし、いくら結婚10周年のプレゼントだとしても、あまりに反省の気持ちが強すぎるプレゼントや、感謝の気持ちが込められすぎているようなプレゼントは、もらった方も気持ちが強すぎて重たくなってしまうかもしれません。

相手が何をプレゼントされたら喜ぶのかというのも大事ですが、自分がプレゼントしたいものと、きちんと兼ね合いを見て選ばないといけません。

でないと、もらった相手は困惑だけど、プレゼントした方だけが満足…などという残念な結果とか、残念な記念日になってしまう可能性もあります。